Home > 工場設備

工場設備

徹底した原料管理と最新の自動生産ライン、さらに優れた加工技術によりお客様にご満足いただける製品を生み出しています。

原料

当社で使用する原料は印刷工場、製本工場、オフィスなどにより排出される上質紙の古紙を精選し使用しております。

古紙原料写真 古紙原料:回収された古紙が工場に運ばれてきます。
裁断後の古紙 地球釜:地球釜の中に蒸気を入れて高温で古紙を蒸し煮します。 スラッシュパルパー:古紙を繊維状にほぐします(離解)
原料

古紙を地球釜により蒸解、繊維状にほぐし、その後パルパー、スクリーン、シリンダープレス、ニーダー、ドラム洗浄機により古紙に含まれているインク、異物等を除去した後、漂白、減菌を行ないさらに最終洗浄をし、きれいな繊維に仕上げます。

スラッシュパルパーパルパー:古紙を溶解します。シリンダープレス;繊維をしぼり脱水します。
パルパー熟成タワー
荒選スクリーン(一次、二次):紙以外の異物を除去します。
シリンダープレス シリンダープレス:繊維をしぼり脱水します。
ニーダー:紙の繊維をもみほぐして、インクなどを分離します。
ドラム乾燥機:洗浄機で洗ってきれいにします。(シリンダープレス)繊維をしぼり脱水します。
ストックタワー:殺菌漂白します。
エキストラクター:繊維を洗浄します。
クリーナー:小さな砂など、異物を取り除きます。
仕上げスクリーン:最後にもう一度、小さな異物を取り除きます。
抄紙

濃度調整された紙料が回転する円網に乗り、それをより密度の高いフェルト上にのせ、脱水後ヤンキードライヤーに貼り付け乾燥させて紙が仕上がります。

抄紙機 抄紙機:ウェット状態の繊維を金網の上で薄い紙状にし、蒸気の入った大きなドライヤーで紙を乾燥。リールに乾いた紙を巻きとります。
ジャンボロール ジャンボロール:1号抄紙機によりペーパータオル原紙、2号抄紙機によりトイレットペーパー原紙を抄造します。
加工

トイレットペーパー原紙はワインダーと呼ばれる加工機によって所定の長さに巻きとります。 このときボール芯に巻きつけるタイプ(有芯トイレットペーパー)と、いったん鉄芯に巻きつけ後で鉄芯を引きぬいたタイプ(芯なしトイレットペーパー)の2種類のタイプに分けられます。次にカッターにより所定の幅にカットされ包装されて製品が出来上がります。 ペーパータオル原紙はインターホルダーと呼ばれる紙の折機で所定の枚数に紙を折り、所定の幅にカットし包装されて、製品が出来上がります。

1号機による原紙から「トイレットペーパー」、1号機による原紙から「ペーパータオル」
トイレットペーパ、ペーパータオル
出荷
ロボット 保管:トイレットペーパー、ペーパータオルに加工された製品は、包装、検品後、箱詰めされロボットでパレットに積み上げられます。
保管倉庫

トイレットペーパー、ペーパータオル等のお問合せはこちらから。

ページトップへ